×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

memo

個人的なメモです。ごく一部の人以外はなんの役にも立ちません。

sabun

差分を作るのに知っておくと便利なコマンドリスト。

 ■ BMS command memo (JP) - コマンドメモ

他にもあった気がするけど忘れました。

最低限この辺は定義しておいた方が良い、と思っているもの。(何処かからのメモ書き)


#DIFFICULTY [x]

1 ... 初心者向け(EASY/BEGINNER/LIGHT等)

2 ... 低難易度(NORMAL/STANDARD等)

3 ... 標準難易度(HARD/HYPER等)

4 ... 高難易度(EX/ANOTHER等)

5 ... 発狂/糞/ネタ譜面(INSANE/皿/連打等)

譜面の難易度。LR2では緑青黄赤紫(黒?)の順に表示される。

設定しなくてもノート数で(?)自動判断して2から表示してくれるが、差分が多いと想定した色にならないかも。

#TOTAL [x]

(n) ... 全て最優良判定時ゲージ増加量n%

300 ... 全て最優良判定時ゲージ増加量300%

全てのノーツで最良判定だった時に回復するパーセンテージ。上げると超回復し、下げると辛ゲージ化する。

個人的に少ないノート数だからといってTOTAL値は下げ過ぎない方が良いと思う。LNがあるならなおさら。

#RANK [x]

0 ... Very Hard

1 ... Hard

2 ... Normal

3 ... Easy

4 ... Very Easy (nanasi Extended)

2か3が無難かと思われる。

#LNOBJ [xx]

終端に置くことでそこまでのLNを生成する。

例:#LNOBJ ZZとして定義AAのノーツをLNとして生成する場合、AAを置いた後にZZを置く。

BMSEで非演奏エリアに移動できるが消し忘れ注意。


BMSEでは#LNOBJを使用せずにShift+クリックでLNを生成出来ますが、お勧めしません。

うっかり非演奏エリアに移動してBMSEがポアされても知らないよ^^